公衆衛生事業部(第2回中央研修会)

開催趣旨・目的 実践現場で得たデータ等を用いて、成果を目に見える形で発表するための実践手法を学ぶ他、事例を通して公衆衛生事業の展開手法について視野を広げ、実践に活かし県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日時(曜日) 令和元年10月19日(土)
午後1時30分から午後4時45分まで
(受付:午後1時15分から)
会 場 千葉県教育会館 本館 303会議室
千葉県千葉市中央区中央 4-13-10 電話043-227-6141
内 容 1 事例発表
①「『柏市行政栄養士業務関係資料』の作成
~柏市行政栄養士のスキルアップと他課連携推進に向けて~」
②「日々の業務を通し栄養士をつなぐ木更津市栄養士連絡会
~市民の健康を守るために~」
③「糖尿病予防に向けた活動~集団健診地区別調査を基に取り組んだこと~」
④「給食施設従事者に対する減塩に関する支援事業の実施効果の検討」
2 講演「実践報告のまとめ方②-データの収集・まとめ方―」
  講師 千葉県立保健医療大学 栄養学科
     准教授 荒井 裕介 氏
詳細はこちら【ちらし】第2回中央研修会 案内を参照ください。
*生涯教育実務研修1単位になります。
参加資格 上記内容に関心のある栄士・管理栄養士 70名程度
参加費 3,000円(但し千葉県栄養士会公衆衛生事業部員 無料、千葉県栄養士会公衆衛生事業部以外の会員 100円)
参加申込先  令和元年度第2回中央研修会 申し込み書に記入の上、下記あてFAXにてお申込みください。
千葉県市川市保健センター 健康支援課 
担当 川原
FAX 047-316-1568
電話 047-377-4511 
申込期限 令和元年10月2日(水)

台風15号・災害対策本部の設置について

台風15号の影響で特殊食品の入手に困っている施設等を支援するために千葉県栄養士会は災害対策本部を設置しました。
特殊栄養食品の入手方法などのご相談に対応いたします。
連絡先電話 043-256-1117
(但し、土日祝日を除いた平日の午前10時より午後17時)

災害時専用メールアドレス jdadatchiba@yahoo.co.jp

福祉事業部担当(健康と栄養セミナー)

開催趣旨・目的

加工食品を上手に活用して簡単でおいしく、そして健康的に食べる方法を栄養士・管理栄養士と一般消費者に対して広く情報を提供し、県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。

日 時

令和元年10月31日(木) 
 第1部(調理実習)     10:30~(受付10:00)
 第2部(DVD上映・講演)   13:00~(受付12:30)
 閉会             15:00

場 所 暮らしのプラザ 千葉市消費生活センター
千葉市中央区弁天1-25-1 
(JR千葉駅西出口からから徒歩10分)
内 容

【第1部 調理実習】「簡単料理でラーメン大変身!」
 講師:中村典子 氏(千葉県栄養士会福祉事業部 企画運営副委員長)
 持ち物:エプロン、三角巾、布巾
 予定メニュー
 ・シーフードラーメングラタン(みそ味)
 ・スパイシーラーメンサラダ(しお味)
 ・変わり水餃子入りらーめん(しょうゆ味)

【第2部 講演】「メディア情報の見極め方~誤解だらけの食にまつわる『危ない話』~」
 講師:元毎日新聞編集委員 小島正美 氏

参加資格 上記内容に関心のある栄養士・管理栄養士、一般の方
 調理実習は定員30名、講演定員は定員100名
参加費 無料
申込・問合せ 下記の申込用紙により、FAXでお申込ください。
こちら「健康と栄養」セミナー開催要項2019.10.31
特別養護老人ホーム清和園 篠原まで
FAX:043-228-4655
締切り:調理実習は令和元年9月27日(金)但し定員になり次第締め切ります。
講演会のみは令和元年10月18日(金)

問合せTEL:043-228-3771 

地域活動事業部(第3回研修会)

開催主旨・目的 医療・行政が一体となって取り組んでいる糖尿病重症化予防対策の現状を理解し、県民の健康増進に貢献できる栄養士・管理栄養士を育成する。
日  時

令和元年10月19日(土)                                   
受付  13時45分~
講演  14時~15時30分

場  所

千葉市蘇我コミュニティセンター 3階 講習室
( 千葉市中央区今井1-14-43 JR蘇我駅より徒歩5分)

テーマ(タイトル)

「糖尿病重症化予防のための地域医療連携:私達に出来ること」
講師:一般社団法人 日本慢性疾患重症化予防学会
代表理事 医師 平山 愛山 先生

参 加 資 格 食と栄養に 関心のある方並びに栄養士、管理栄養士 
参 加 費 2000円(会員無料) 
申 込 先 

別紙20191019第3回研修会申込をFAXでお申込み下さい。
郵便の場合は申込み用紙にならって必要事項を明記して下さい。
FAX番号 043-256-1804
郵資料送の場合〒264-0036 千葉市若葉区殿台町122
       (公社)千葉県栄養士会地域活動事業部宛
資料印刷の都合上、10月10日(木)必着でお願いします。

そ の 他

日本栄養士会生涯教育実務研修1単位。
『病態栄養 T23-102』

地域活動事業部(情報交換会)終了報告

開催主旨・目的 様々な経験からの情報を共有し、地域の食についての知見を深め、栄養の指導技術を高めて県民の健康増進に貢献できる栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時

2019年9月20日(金) 
集合:11:00 京成千葉ホテルミラマーレの1階正面ロビー
   11:30 会食

場 所 京成千葉ホテルミラマーレ 2F中華料理店「景山(ケイサン)」
京成千葉中央直結、JR千葉駅徒歩8分
ホテル電話番号043‐222‐2111
テーマ(タイトル)

地域の食材を中国料理へ活用する実際を学ぶ

参加資格 食と栄養に 関心のある方並びに栄養士、管理栄養士
参加費 6000円  (会員5000円) 
申込先

別紙20190920情報交換会申込をFAXでお申込み下さい。
郵便の場合は申込み用紙にならって必要事項を明記して下さい。
FAX番号 043-256-1804
郵送資料の場合〒264-0036 千葉市若葉区殿台町122
       (公社)千葉県栄養士会地域活動事業部宛
9月10日(火)必着でお願いします。
9/12以降のキャンセルは参加費をご負担いただきます。

事業名 情報交換会
人 数 10名
内 容

参加者の持つ様々な情報を、地域の食材を取り入れた中国料理を食べながら聞き、健康づくりの活動に反映させることを目的に実施した。
落花生おおまさりや蕪、里芋などを使った前菜は、千葉県産の食材を生かした一品でした。地域の食材のついての話題で、多くの参加者通しの意見交換が活発に行われた。

感 想

中国料理という固定概念にとらわれず、地域の食材を用いるアイディアは、食育の指導に活用できると感じた。食の指導に柔軟な考え方で取り組みたいと思った。
実施時期が台風15号による被害が発生した後の事業であったため、電気器具が使えない時の対応など幅広い情報を得る機会となった。

医療事業部(第39回食事療法学会HPの開設)

第39回食事療法学会のホームページか開設されました。
千葉市で開催されます。参加申し込みも出来ます。
こちらのURLからご覧ください👇
http://www.shokuji-ryoho.com/index.html

開催日:2020年3月7日(土)・8日(日)
開 場:幕張国際研修センター
    千葉市美浜区ひび野1-1
          JR京葉線<海浜幕張駅>から徒歩8分

JDA-DATスタッフ研修会 申込期限の延長

JDAーDATスタッフ研修会

 (公社)日本栄養士会は、東日本大震災を契機に災害時の栄養支援チームとしてJDA-DATを創設し、1,000名のリーダーの育成を目指して平成23年度から研修会を開催し、現在まで620名のリーダーが登録され、千葉県は11名が登録しています。

 スタッフの育成は、4000名を目標に都道府県栄養士会で研修会を開催して育成し、現在までに2,084名が養成されています。(30年11月16日現在)

 いつ発生してもおかしくないといわれる直下型地震、豪雨などの災害の発生に備えることが急務であり、平成29年度に「非常災害対策委員会」を設置し、第1回JDA-DATスタッフ研修会を開催して60名のスタッフを養成しました。
 平成30年度に「災害時栄養支援事業」として必要な対策を検討し、総合的な支援事業をすすめています。

 日時:令和元年10月26日(土)~27日(日)(受付開始時間 8時20分~)
 会場:千葉県こども病院 第1会議室(1階)

 申し込み・詳細はこちらJDA-DATスタッフ研修会20191026を参照してください。
   申込期限を10月18日(金)まで延長しました。

お知らせメニュー

年別アーカイブ