医療事業部(栄養士調理師合同研究会)終了

開催
目的
栄養士・管理栄養士・調理師・調理員が一同に会して日頃の研究成果を発表し治療の向上に役立て、栄養の指導の向上、学問の振興を図ることを目的に開催する。
日 時 平成30年10月14日(日)(受付開始12時30分~)
13時00分~16時30分
場 所 千葉大学医学部附属病院 外来診療棟 3階 セミナー室
千葉市中央区亥鼻1-8-1   交通:JR千葉駅東口よりバス15分
電話:043-222-7171
地図  http://www.ho.chiba-u.ac.jp/outline/access.html
内 容

〇第1部 特別講演(13時00分~14時30分)
    「地域連携とリハ栄養」
     講師 公益財団法人 東京都保健医療公社 大久保病院
        リハビリテーション科 
     医長 御子神 由紀子 氏

〇製品情報・休憩  (14時30分~15時00分)
〇第2部 研究発表(15時00分~16時20分)
※発表施設数によって会場を2つに分けて進行することがあります。予めご了承ください。
〇会員案内(16時20分~16時30分)
〇閉会(16時30分)

参加資格  栄養士・管理栄養士、病院等勤務の調理師・調理員、栄養士養成校学生
参加費 5000円(但し、千葉県栄養士会会員・栄養士養成校学生・会員施設調理師・調理員:無料、日本栄養士会会員(千葉県外の日本栄養士会会員およびその会員が在籍する施設の調理師・調理員):2000円)
申込み先

〇詳細または参加申し込み方法は、平成30年度栄養士調理師合同研究会・第22回研究発表会の案内、(こちら30年度栄養士・調理師合同研究会、研究発表会HP 案内)にてご確認ください。
〇チラシにも案内が掲載されています(こちら栄養士・調理師合同研究会、研究発表会チラシHP)。QRコードから申し込みも可能ですので、ご確認ください。
申込締切日:9月28日(金)
取得単位:日本糖尿病療養指導士更新認定単位 <第1群>1単位
日本栄養士会生涯学習教育振替認定 1単位

演題募集 第22回研究発表会にて日ごろの研鑽の成果を発表いただきたく、皆様から広く演題を募集いたします。応募要領(こちらH30合同研究会演題募集要項)に沿ってご応募ください。なお、当日の参加もよろしくお願いいたします。

地域活動事業部(第2回視察研修会)終了報告

開催主旨・目的 食生活に欠かせない水産資源の知識を深め、健康づくりの指導に活用できることを目的に那珂湊漁港前に広がる市場を視察する。併せて魚類の生態、料理法等の研修を行い県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日  時

        平成30年10月1日(月)

8:20       集合 千葉駅NTT前
8:30       出発
10:30~11:15   那珂湊のおさかな市場
11:30~12:15   昼食 日野治旅館(生シラスの乗った海鮮丼)
12:30~13:00   かねふくめんたいパーク大洗
13:30~15:30   アクワワールド大洗水族館
15:30         出発
17:30         到着予定  千葉駅NTT前

場 所 茨城県那珂湊のおさかな市場とアクワワールド大洗水族館
三作の丘に鎮座する大洗磯前(いそさき)神社
テーマ(タイトル) 水揚げされる旬の魚介類の視察を通し日本型食生活の実践に役立てる
参加資格 食と栄養に関心のある方並びに栄養士・管理栄養士
(予約の関係で定員20名とし定員に漏れた場合は連絡をします。)
参加費 8000円(会員は7000円)
(9/23以降のキャンセルは参加費の全額をご負担いただきます。)
申し込み先 千葉県栄養士会事務所にFAX又は郵便で9月19日(水)までに、第2回視察研修会と記載のほか氏名、連絡先電話番号、会員の方は所属職域事業部、会員番号を記載して下記宛にお申し込みください。
FAX番号  043‐256-1804
郵便の場合 〒264-0036 千葉市若葉区殿台町122
       (公社)千葉県栄養士会 地域活動事業部行
  事 業 報 告
事 業 名 第2回視察研修会
参加者数 15名
内  容 水産資源の知識を深め、健康づくりの指導に活用できることを目的に茨城県那珂湊漁港前に広がる市場を視察し、アクアワールド大洗水族館、大洗磯前(いそさき)神社を見学した。近くにはめんたいパーク(明太子工場)があり明太子の製造過程を視察した。
感  想 那珂湊のおさかな市場は関東を代表する観光市場で、いなだ、しらす、まぐろ、かつお、あわび、あじ、あんこうなどその日の朝に水揚げされた新鮮な魚介類が並び安価で販売されていた。また昼食の海鮮丼で生しらすをはじめ新鮮なお刺身を豊富に味わうことができた。我々の住む隣県で市民にも開けた市場は一見の価値があると感じた。

地域活動事業部(第1回視察研修会)終了報告

開催主旨・目的

   五原味(甘味、塩味、酸味、苦み、うま味)の中の「うま味」は
世界的に広がりを見せ「UMAMI」として世界で通用しています。
その「うま味」を理解し、上手に利用すれば減塩でも美味しく食べ
られることを栄養の指導に活かし県民の健康増進に貢献する栄養士・
管理栄養士を育成する。

日    時 平成30年6月14日(木曜日)
13時40分   現地集合
14時~16時   工場見学・体験
16時      現地解散 
場   所 味の素うま味体験館と川崎工場
京浜急行「京急川崎駅」から大師線に乗り「鈴木町」で下車
駅の出口からアジパンダ(味の素のキャラクター)の足跡をたどり、味の素うま味体験館受付に集合
テーマ(タイトル) 食事指導に不可欠な「うま味」について理解を深める。
参 加 資 格 食と栄養に関心のある方並びに栄養士・管理栄養士
参  加  費 2000円(会員は無料)
申 し 込 み FAX又は郵送でお申し込みください。
(郵送の場合は、申込書のように記載し
〒264-0036 千葉市若葉区殿台町122
千葉県栄養士会地域活動事業部宛にお送りください)
申込書はこちら20180614第1回視察研修申込にて
5月24日(木)必着でお願いします。
尚、予約の関係で定員20名(先着順)とさせていただきますので
ご了承下さい。定員に漏れた方にはご連絡いたします。
申し込み後のキャンセルは必ずご連絡をお願いします。
  事業報告
事業名 第1回視察研修会
参加者数 14名
内  容

味の素のキャラクター「アジパンダ」に出迎えられ、360度の大迫力スクリーンで、うま味と共にあった日本人の食のあゆみを体感後「アジパンダ」バスに乗って工場へ移動。
工場内では「ほんだし」が完成するまでの工程を見学し、「ほんだし」の原料であるかつお節削りを体験した。また、「ほんだし」を使った味噌汁とおにぎりを試食し、うま味の体験をした。

感  想

360度の大迫力スクリーンで体験した日本人の食の歩みは食を仕事とする我々には興味深いものであった。
また、工場見学コースは木調豊かな落ち着いた雰囲気で、高級和食店を思わせるようなたたずまいの中をゆっくり進み、かつお節削りやうま味の体験ができたことは大変有意義であった。

地域活動事業部(第2回研修会)終了

開催主旨・目的 団塊世代が後期高齢者になる2025年の高齢化社会を見据えて、多職種間の連携を構築する中で栄養士・管理栄養士がどのように関わっていくべきかという課題について、地域での包括的な支援やサービスのあり方を理解し県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日時 平成29年6月10日(土)
受付 13時30分~
講演 14時~15時30分
場所 千葉市蘇我コミュニティセンター 3階 会議室
(🏣260-0834千葉市中央区今井1-14-43 JR蘇我駅より徒歩5分)
テーマ(タイトル) 『地域包括ケアシステムについて』(仮題)
講師:埼玉県栄養士会 会長 平野 孝則氏
参加資格 食と栄養に関心のある方並びに栄養士・管理栄養士
参加費 2000円(会員 無料)
申し込み 千葉県栄養士会事務所にFAX又は郵送で6月2日(金)までにお申し込みください。
郵送の場合は申込用紙(こちら第2回研修会申込)にならって必要事項を明記してください。
FAX番号 043-256-1804
郵便の場合 🏣264-0036千葉市若葉区殿台町122
(公社)千葉県栄養士会 地域活動事業部行
その他 生涯教育実務研修1単位 地域連携②
『栄養ケアステーションシステムと活動概要T412-103』

地域活動事業部(第1回視察研修会)終了報告

開催主旨・目的 かずさDNA研究所は国内でも数少ない大規模な遺伝情報解読のための設備をもつ施設で、植物やヒトの遺伝子研究を行っている。たんぱく質の設計図であるDNAの研究は食料・エネルギー問題から病気の原因究明までいろいろな分野に必要とされ、疾病の治療法の開発に役立っている。
講話やDNA抽出体験・見学から県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時 平成29年7月6日(木)
8:20  集合 千葉駅NTT前
8:30  出発
10:00  かずさDNA研究所
13:00      寿司活魚「いそね」にて「はかりめ二色丼」
14:00      出発
16:00      鹿野山神野寺出発
17:30  到着 千葉駅NTT前
場 所 かずさDNA研究所
🏣292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2丁目6-7
テーマ(タイトル) DNAについての最新の研究講話、身近な食品から実際にDNAを抽出する体験
参加資格 食と栄養に関心のある方並びに栄養士・管理栄養士
(予約の関係で定員20名とし先着順とさせていただきます)
参加費 6000円(会員は5000円)
(6月29日以降のキャンセルは参加費の全額をご負担いただきます。)
申し込み先 千葉県栄養士会事務所にFAX又は郵送で6月14日(水)までにお申し込みください。郵送の場合は申込用紙(こちら第1回視察研修会申込)にならって必要事項を明記してください。
FAX番号043-256-1804
郵送の場合 🏣264-0036 千葉市若葉区殿台町122
(公社)千葉県栄養士会 地域活動事業部行

事  業  報  告
事業名  地域活動事業部(第1回視察研修会)
参加者数 21名
内 容
かずさDNA研究所で最新の研究内容についての講話を聴き
身近な食品から実際にDNAを抽出する実験操作を体験する。
昼食は富津沖で取れる天然穴子を食しその後、古寺鹿野山
神屋寺を見学する。

感 想
かずさDNA研究所では身近な植物の遺伝子解明から始まり
品種改良に貢献してきましたが、最近は大腸菌の遺伝子の
解明など人体に関する研究が行われ、今後は病気の原因究
明で日本国内に留まらず世界に向けた発信が期待されてい
るといった講話は、大変わかり易く身近に感じる内容でし
た。当日は豚レバーやカリフラワー、ブロッコリーなど身
近な食材を塩化ナトリウムと合わせて遠心分離機にかけア
ルコールの滴下でDNAを抽出しました。
モヤモヤと現れるDNAに驚きそれが生命の設計図であるこ
とを知りその神秘にワクワクしました。
また、天然穴子の「はかりめ丼」特に白焼きは初めての食
体験で我が故郷にこんな美味しいものがあると地産地消の
真の価値を知った思いです。

地域活動事業部(第2回研修会)終了報告

開催主旨・目的 今年度はたんぱく質の代謝等をテーマに研修会を企画しています。
栄養の指導を進める上で、代謝についての理解は基本です。臨床
栄養学・応用栄養学の面からたんぱく質の代謝について学び、より
効果的な栄養の指導の実践ができることを目的に開催し、県民の
健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日  時 平成28年6月16日(木)
14時~15時30分
場  所 千葉市中央区蘇我コミュニティセンター 3階 講習室2
(〒260-0815 千葉市中央区今井1-14-43 JR蘇我駅より徒歩5分)
テーマ(タイトル) 講演『たんぱく質の代謝について』(仮題)
講師:和洋女子大学健康栄養学類 准教授 多賀 昌樹 先生
参 加 資 格 食と健康に関心のある方並びに栄養士・管理栄養士
参 加 費 2000円 (会員 無料)
申 込 み 千葉県栄養士会事務所に下記申込書でFAX又は郵便で6月10日までにお申し込みください。
20160616 申込み氏名、会員番号(会員のみ)、連絡先電話番号等を明記)
FAX番号 043-256-1804
郵便の場合 〒264-0036 千葉市若葉区殿台町122
(公社)千葉県栄養士会 地域活動事業部行
そ の 他 生涯教育実務研修1単位 「栄養生理栄養素と代謝 T25-101」
事 業 報 告
事業名 地域活動事業部(第2回研修会)
参加者数 38名
内 容 たんぱく質は生命の重要な構成成分の一つであり20種類のアミノ酸が
ペプチド結合してできた化合物である。食物由来のたんぱく質は分解と
合成を繰り返して体たんぱく質となる。過剰なアミノ酸はエネルギー源
として利用される。アミノ酸に含まれている窒素は無害な尿素になり排
出される。
感 想 講師から、たんぱく質の代謝について詳しく、わかり易く教えていただき
理解を深めることができた。今後はさらに研鑚し効果的な栄養の指導に
役立てたいと感じた研修でした。

お知らせメニュー

年別アーカイブ