2021/02/06 第21回千葉県栄養改善学会 終了

第21回(令和2年度)千葉県栄養改善学会
(2021年2月6日オンライン開催)

 千葉県栄養士会は、県民の健康維持増進および栄養改善技術の振興普及のため、千葉県栄養改善学会を開催いたしています。
 本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、残念ながら従来のように一堂に会する学会開催は断念せざるを得ず、特別講演、教育講演はWeb配信とし、一般発表は誌上発表といたしました。
 特別講演、教育講演は「コロナ禍において、我々は何ができるのか?」をテーマに掲げ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に屈することなく、専門職としての研鑽に努める機会として、皆で学び考え新たな発展的活動へと展開するためのプログラムとして、企画いたしました。  年に一度、日頃の研鑚の成果を発表する機会です。一般発表は誌上発表となりましたが、職域事業部の専門性を生かした取り組みに触れることができます。発表内容から新しい取り組みや知見を学ぶことのできる栄養改善学会が、栄養士・管理栄養士のこれからの活動に寄与することを願っています。

公益社団法人 千葉県栄養士会
会長  杉 﨑 幸 子

★日 程  9時45分~10時00分    受    付
     10時00分~10時10分    開会挨拶
     10時10分~11時10分    特 別 講 演
     11時30分~13時00分    一般発表:誌上発表閲覧
     13時00分~14時00分    教 育 講 演
     14時00分~16時00分    一般発表:誌上発表閲覧
     16時00分           閉    会

★学会 Live配信(Zoomサイト)

開会挨拶、特別講演、教育講演は、こちらからになります。Zoomへの入室には、参加申込時に配信されている、ミーティングIDが必要になります。
配信されているZoom URLから、直接入室することも可能です。

★一般発表の誌上発表閲覧は、下記に掲載
発表演題の中から優秀な発表を選出し表彰するので、参加の皆様にも評価・投票をお願いいたします。評価の基準を理解する良い機会となるものと思います。

学会スローガン

私たちは「健康ちば21(第2次)」推進の担い手になろう

テーマ   「 コロナ禍において、我々は何ができるのか? 」

特別講演  「 コロナ禍における感染防御の観点で“栄養と免疫”を考える 」
       講師 徳島大学大学院医歯薬学研究部 栄養科学部門
       医科栄養学科系 実践栄養学分野
                                 教授 酒井 徹 氏
       座長 公益社団法人千葉県栄養士会    会長 杉崎 幸子

教育講演  「 コロナ禍における食品ロスを考える 」                
       講師 株式会社office3.11 代表取締役
             食品ロス問題ジャーナリスト 井出 留美 氏
       座長  公益社団法人千葉県栄養士会   副会長  鯨岡 春生

★特別講演、教育講演の要旨は、会員専用コンテンツをご覧ください。

 

一 般 発 表

【公衆栄養】   一般演題1~3  

1  糖尿病性腎症等重症化予防事業の取り組み―推算塩分摂取量と塩分チェック表からみえる減塩指導の検討―
2  効果的な高齢者低栄養予防事業の検討
3  市原市の食育推進について 

【臨床栄養】   一般演題4~9  

4  当院における学会分類2013活用までの経過報告について
5  管理栄養士の病棟配置に関する考察
6  精神科病院入院患者の栄養管理について ~高体重者の減量~
7  糖尿病教育入院におけるリハビリテーション科との連携にて有効な栄養指導が行えた一例
8  経口摂取困難となった脳腫瘍患者に対し、在宅療養に向けてチームで栄養サポートを 行った一症例
9  栄養ケア・マネジメント~特養経口移行事例~

【給食管理】   一般演題10~12  

10 新型コロナウイルスに関わる学校給食での対応について
11 アレルギー対応食の喫食調査について
12 首都圏学生の魚の嗜好・利用傾向および給食への雑魚の利用の可能性について(第1報)

【栄養指導・その他】   一般演題13,14  

13 「ちばの野菜と果物大好き!」な子どもを育てるための調査研究報告
14 甘味と脂質に対する感受性に気分状態と一過性ストレスが与える影響

一般発表の抄録は会員専用コンテツをご覧ください。

  • 優秀発表の投票について

発表演題の評価・投票をお願いいたします。
  優秀発表の評価基準(ルーブリック:PDFファイル参照)にしたがって、評価をお願いします。

 

 

 

第21回 千葉県栄養改善学会開催と参加申込

第21回 千葉県栄養改善学会開催のお知らせ 

 千葉県栄養士会は、県民の健康維持増進、および栄養改善技術の振興普及のため、千葉県栄養改善学会を開催いたします。
1.日 時:2021年2月6日(土)午前10時~午後4時(受付開始9時45分)
2.オンライン開催(千葉県栄養士会HP) 
   開会あいさつ、特別講演、教育講演は、ZoomによるLive配信となります。
3.日 程:09:45~10:00 受付
     10:00~10:10 開会あいさつ
     10:10~11:10 特別講演  
     11:30~13:00 一般発表:誌上発表閲覧
     13:00~14:00 教育講演
     14:30~16:00 一般発表:誌上発表閲覧
     16:00      閉会
4.参加費:1000円(会員、学生は無料)
5.参加申し込み(参加登録期限:2月1日(月)) 
 本学会の詳細および参加申し込みは、
 こちら第21回令和2年度千葉県栄養改善学会開催のお知らせ   
          

            

 

2020年度★生涯教育研修会 受付終了

生涯教育研修会(2020年度)開催のお知らせ

申し込みの受付を終了しました。
新型コロナウィルス感染防止のため受付終了後の追加申し込みはできません。
皆さまのご協力をお願いします。

新型コロナウィルス感染防止のため参加者定員は半数、手指の消毒、検温等を行なって実施します。なお、6月27日、7月12日に予定していた研修会は中止としました。
   栄養士・管理栄養士は、科学の進歩と社会の変化に的確に対応するため、常にスキルの向上を図り、専門職としての能力の習熟が求められています。

   日本栄養士会は平成26年度より生涯学習からキャリアを支援できる制度とするため、生涯職能開発の考え方を取り入れた生涯教育制度へと移行した認定制度(認定管理栄養士の資格制度)を開始しました。この認定制度は、本人の自由意思で、今までと同様に必要な単位を取得して修了証の交付を得ることができ、認定管理栄養士への受験資格の単位取得になります。

   多くの栄養士・管理栄養士が受講し、スキルを高めて県民の健康の保持増進に貢献しましょう。
詳細は下記をご覧ください。

 
2020年度 生涯教育研修会開催のお知らせ
2020年度 生涯教育★日程表

2020年度 生涯教育★申込書

日本栄養士会の生涯教育制度について(下記ホームページ)
キャリアアップのための生涯教育制度

「高齢期の栄養管理」eラーニングの受付終了

日本栄養士会の生涯教育研修会 実務研修のご案内

受付を終了しました。

高齢者の栄養療法の基本を学ぶ研修をeラーニングシステムにより開催いたします。
内容は次の通りです。

日本栄養士会生涯教育 実務研修 高齢期の栄養管理 4単位
受講申し込み期間:6月16日より7月10日
受講期間:8月9月の2か月間
受講申し込み先:千葉県栄養士会(電話043-256-1117)
受講手続き終了後、URLからコンテンツをダウンロードして学習します。
この研修は2か月を単位とします。次回の受付は改めてお知らせします。
【受講料】会員 4,400円(税込)、一般 11,000円(税込)

詳細は日本栄養士会ホームページを参照ください。

https://www.dietitian.or.jp/news/information/2020/235.html

妊産婦のための食生活指針の改定予告

 千葉県立保健医療大学の谷内洋子教授から「妊産婦のための食生活指針」の13年ぶりの改定予告とそのために作成された調査研究報告書が国立健康・栄養研究所ホームページに掲載されているとお知らせがありました。
 報告書の他に妊産婦の食生活のQ &Aもあります。下記アドレスです。
https://www.nibiohn.go.jp/eiken/ninsanpu/index.html

https://www.nibiohn.go.jp/eiken/ninsanpu/faq.html

新型コロナ予防の給食管理業務の対応事例(日栄情報)

給食管理業務および臨床栄養業務における対応事例

 対象者(患者さん)と対応する栄養士・管理栄養士の健康と安全確保の観点から感染予防に努め、日常業務に加え対応しなければならない事項に十分、配慮いただくとともに、施設で定められたルールに則り、実施するようお願い致します。

■医療職域における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる給食管理業務および臨床栄養業務における対応について

■医療職域における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連した問題に対する対応事例集

以上は、日本栄養士会HPより転載

FEATURE特集

コロナウィルス感染症と栄養の指導(情報提供)

日本栄養士会中村会長からメッセージ「栄養のチカラで、難局を乗り切る」を掲載します。
「新型コロナウィルスの状況下、栄養指導に必要な一般生活者へのアドバイス」がQ&A形式でわかりやすく掲載されているのでお知らせします。

詳細は下記日本栄養士会ホームページ

 

第39回食事療法学会 中止の決定

第39回食事療法学会 中止決定 

 新型コロナウィルスの感染拡大の阻止は、昨日(2月25日)の専門家会議からの発表にあったようにこの1-2週間の対策にかかっているとのことです。

「教育機関、企業など事業者の皆様も、感染の急速な拡大を防ぐために大切な役割を担っています。それぞれの活動の特徴を踏まえ、集会や行事の開催方法の変更、移動方法の分散、リモートワーク、オンライン会議などのできうる限りの工夫を講じるなど、協力してください。」と呼びかけがありました。

 昨日の専門家会議を受けて、主催者の日本栄養士会で開催についての話し合いがあり、残念ですが、中止とすることになりました。

 参加費や協賛、展示料などは返金し、その対応は日栄が行う予定です。

 詳細は下記日栄HPの中止のお知らせをご覧ください。
 https://www.dietitian.or.jp/news/information/2019/220.html

 

第39回食事療法学会のホームページか開設されました。
千葉市で開催されます。参加申し込みも出来ます。
こちらのURLからご覧ください👇
http://www.shokuji-ryoho.com/index.html

開催日:2020年3月7日(土)・8日(日)
開 場:幕張国際研修センター
    千葉市美浜区ひび野1-1
          JR京葉線<海浜幕張駅>から徒歩8分
参加費:11,000円(税込)
但し、(公社)日本栄養士会会員割引価格:事前参加登録 7,000円、当日 9,000円
※学生 3,000円
事前参加登録申込締切
2020年1月10日(金)まで2月17日(月)まで延長

 

お知らせメニュー

年別アーカイブ