JDA-DATスタッフ研修会 受講者へお願い

「日本栄養士会災害支援チーム千葉(JDA-DAT千葉)」事業の推進について

   -今までにJDA-DAT千葉へ登録をされた皆さまへ-
      -メールアドレスの記載のお願い-

 

 千葉県栄養士会は、平成29年度から非常災害時の栄養支援活動を行うことを目的として、「JDA-DATスタッフ研修会」を開催してきました。
 修了者の方には災害発生時に支援活動のへ協力を依頼し、「JDA-DAT千葉」への登録をお願いしました。
 平成29年度から2019年度までに66名の方に「JDA-DAT千葉」への登録申込書の提出をいただき名簿への登録を行いましたが、メールアドレスの記載がない方がかなり見受けられます。
 災害発生時の緊急連絡は、自宅、携帯、勤務先などへのメールによる連絡が主となると考えられます。
 登録を申込みされた方で、メールアドレスを記載されなかった方、登録申込書提出後にメールアドレスを取得された方などは、下記別添の「2019DAT千葉登録申込書」を印刷し、□変更 欄にチェックを入れ、自宅、携帯、勤務先のメールアドレスを記載してファックスで事務局宛に提出してください。
 なお、整理の都合上、令和2年3月末日までにお願いします。

 お問い合わせ 電話 043-256-1117 (平日 午前10時~午後4時の間)
     ファックス 043-256-1804
 別添 2019DAT千葉登録申込書 新規・変更・削除 他修正

第39回食事療法学会 参加申込み締切り迫る

参加申込み締切日は、2月17日(月)です。
まだ間に合います。
事前の参加申込みは参加費が安くなります。

第39回食事療法学会のホームページか開設されました。
千葉市で開催されます。参加申し込みも出来ます。
こちらのURLからご覧ください👇
http://www.shokuji-ryoho.com/index.html

開催日:2020年3月7日(土)・8日(日)
開 場:幕張国際研修センター
    千葉市美浜区ひび野1-1
          JR京葉線<海浜幕張駅>から徒歩8分
参加費:11,000円(税込)
但し、(公社)日本栄養士会会員割引価格:事前参加登録 7,000円、当日 9,000円
※学生 3,000円
事前参加登録申込締切
2020年1月10日(金)まで2月17日(月)まで延長

 

~食品ロスを考える~3R推進セミナー 終了

千葉県(環境生活部循環型社会推進課)から「~食品ロスを考える~令和元年度千葉県3R推進セミナー」の紹介がありました。どうしたら食品ロスを減らすことができるのか、ロスを減らす要点が分かるセミナーです。このことについて関心のある方はご参加ください。
 日 時:令和2年1月23日(木)
 場 所:千葉市民会館 小ホール
 参加費:無料
 定 員:200名

 詳細は令和元年度千葉県3R推進セミナーの開催について
 開催案内チラシはこちらです。

ちば食育推進大会2020 終了

 千葉県では、ちばの恵みを取り入れたバランスのよい食生活の実践による生涯健康で心豊かな人づくりを目指し、市町村や食育ボランティア・サポート企業、関係機関と連携し県民運動としての食育を推進する中、毎年、「ちば食育推進大会」を開催しています。
 今回は、「親も子も、まなんで・ときめく!みんなの食育」をテーマに掲げ、県民の皆様に、家族で食育への理解を深めていただける内容としました。「食育体験ブース」で食育を身近に感じていただくとともに、「わくわくミニ講座」ではそれぞれの年代で実践できる取組の紹介や、食育の活動について語り合う「トークセッション」を行います。(千葉県ホームページより転載)

日時:令和2年2月2日(日)
場所:千葉市生涯学習センター(千葉市中央区弁天3-7-7)
詳細はこちらつながる広がる ちば食育推進大会2020をご覧ください。

問合わせ先:TEL 043-223-3092(安全農業推進課 食育推進班)

脳卒中連携の会作成の栄養シートの活用

 千葉県脳卒中等連携意見交換会(略して脳卒中連携の会)は、病院・高齢者施設又は福祉施設等で嚥下困難者が退院・退所時に食べている嚥下食の形態を、次の施設や生活の場に伝えるツールとして活用していただく栄養シートを作成しました。
 咀嚼、嚥下機能に問題のある方は、料理の形態、硬さなどが変わってしまうと、食事がしづらくなってしまい、低栄養、QOL低下の原因になります。それらを予防するためにも栄養シートを活用し、食事の情報をお互い共有(連携)していくことはとても重要なことになります。
 県民の健康の維持増進のため、関係各位の活用をお願いします。
  安心して食べ続ける
  栄養シート(介護職・在宅用)
  栄養シート病院用

台風15号による県内給食施設への影響調査結果

2019年9月9日(月)台風15号 職場への影響調査結果について

 台風15号、19号は県内に甚大な被害をもたらしました。今回、インターネットを使って台風15号による給食施設への影響調査の協力を呼びかけ、千葉県内の66施設から回答がありました。この調査結果を参考にいつ起こるかわからない災害へ備えましょう。

調査結果:調査結果ホームページ掲載

健康づくり栄養講座 終了

日 時 令和元年11月30日(土) 13時~16時
場 所 千葉県立保健医療大学 図書館棟 大講義室 
内 容

テーマ「健康づくりは栄養・運動・休養」
講座1 「食生活と健康」
   講師 千葉県栄養士会栄養指導研究所  所 長 石井國男氏
講座2 「フレイルの概念と運動療法について」
   講師 塩田記念病院 リハビリテーション科
                      科 長 石渡 正浩氏
講座3 「眠るための時間栄養学~食事を整えて良い睡眠と休養を~」
   講師 和洋女子大学家政学部健康栄養学科
                      准教授 多賀 昌樹氏

対象
・参加費
県民・無料、約100名
申込先 申込書こちら健康づくり栄養講座20191130に住所、氏名を書いて郵送またはFAX(043-256-1804)で申込みます。
(会員は配布済の申込み書を使用すること)
〒264-0036 千葉市若葉区殿台町122

台風15号・災害対策本部の撤収について

12月27日午後5時をもって台風15号関連の災害対策本部を撤収します。

台風15号の影響で特殊食品の入手に困っている施設等を支援するために千葉県栄養士会は災害対策本部を設置しました。
特殊栄養食品の入手方法などのご相談に対応いたします。
連絡先電話 043-256-1117
(但し、土日祝日を除いた平日の午前10時より午後17時)

災害時専用メールアドレス jdadatchiba@yahoo.co.jp

お知らせメニュー

年別アーカイブ