医療事業部(事業説明会・プラクティスセミナー)終了

開催趣旨・
目的
★事業説明会
2022年度の開催事業報告および2023年度の計画案の説明会
★第1回プラクティスセミナー
管理栄養士のスキルアップに向け、認定臨床管理栄養士取得の実際について知識を深め、県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時 2023年4月29日(土・祝日)13:00~15:30(受付12:30~)
(You Tube配信:2023年5月17日(水)~31日(水))
会 場 オンライン開催
内 容

第1部 講演「臨床管理栄養士・栄養士を取得しよう
~診療報酬算定・配置要件となることを目指して~(仮)」
講師 医療法人社団SHIODA塩田記念病院 栄養科 戸矢静華

第2部 パネルディスカッション「認定取得に向けた取り組み(仮)
   東京ベイ・浦安市川医療センター  栄養室 小林裕子
   玄々堂君津病院          栄養科 荻野 悟

参加資格 栄養士・管理栄養士、この研修会に関心のある方
参加費 無料
定 員 ①研修会   100名(会員90名、非会員10名)
②You Tube配信 150名(会員135名、非会員15名)
参加申し込み先

詳細はチラシ20230411_第1回プラクティスセミナーのサムネイルをご参照ください。
定員に達した時点で締め切らせていただきます。

申し込み締切 ①研修会     2023年4月22日(土)
          ②YouTube配信のみ 2023年5月10日(水)

 

 

医療事業部(東葛南部地区研修会)終了報告

タイトル 医療事業部(東葛南部地区研修会)
開催趣旨・目的 透析療法の栄養管理について知識を深め県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時

令和5年3月2日(木)
18:00~19:00

場 所 WEB開催
内容・講師

内容:透析療法と栄養管理
講師:株式会社 明治 関東支社
   ウェルネス営業一部 営業五課 時田 阿紀 氏

参加資格 この研修会に関心のある方は誰でも参加できます。
参加費 無料
問い合わせ・申し込み R4年度 千葉県栄養士会医療事業部東葛南部地区 研修会 0302のサムネイル
この研修会の詳細、参加申し込みは上記チラシを参照ください
終 了 報 告
事業名 医療事業部(東葛南部地区研修会)
参加者数 31名
内 容

透析療法と栄養管理
透析期における栄養管理の意義は、透析を受けると体内に貯留していた老廃物は除去されるが、次の透析までの飲食により体内に再び溜まってくる。体内環境の維持には、透析終了後から次の透析までの期間の摂取量のコントロール(食事療法)が大切である。
透析期の栄養管理の目的は「低栄養の防止を含めた栄養状態の維持」「水分や電解質を含めた体液の調整」である。「低栄養の防止を含めた栄養状態の維持」は、血液透析患者の23 76%  腹膜透析患者の18 50%に栄養障害が認められる。その原因は①栄養素、とくに炭水化物からのエネルギー摂取量の不良、②急性あるいは慢性炎症、③ダイアライザの生体不適合性不良、透析液からのエンドトキシン混入、④代謝性アシドーシス、⑤透析液への栄養素の喪失、⑥腎不全による糖質・アミノ酸代謝異常がある。水分や電解質を含めた体液の調整」は、腎臓の機能低下によるナトリウム・カリウム・リンの排泄量減少に対する対応が必要である。水分制限とともにナトリウムの管理が重要であり、突然死を防ぐために、体内のカリウム濃度を適正な範囲にコントロールし、リンの管理は、血清リンが上昇する前から食事療法によって始めることが望ましい。
透析時食事療法の基本は日本透析医学会学術委員会ガイドライン作成小委員会栄養問題検討ワーキンググループ(透析会誌47 (5 )、287 291 、2014)に準じたものとなる。また、各論でみると、糖質(ごはんを主食として 3 食きちんと食べる・パスタや麺類はリンや食塩が多いため注意)、たんぱく質(良質なたんぱく質を摂取する・乳製品はリン含有量が多いため摂取量に注意・加工食品はリン含有量が多いため控える)、副菜(野菜、芋類、果物は高 K 血症につながるため摂取量を守る・特に緑黄色野菜、海藻類、乾燥食品は注意)、
食塩・水分(透析間体重増加の上限をドライウェイトの3 5% にするのが望ましい・減塩と飲水制限を合わせて行う)となる。たんぱく質の制限がカリウム・リン制限にも有効であるが、透析患者では必要なたんぱく質摂取とカリウム・リン制限の両立が難しいことや、水溶性ビタミンは透析により除去されやすい、透析患者はカルニチン欠乏に注意が必要といったことも配慮する。
  まとめとして、透析患者の体内環境を維持し、生命予後の悪化を防ぐためには、食事療法が必要不可欠である。適切な食事療法によって、 PEW を防止するとともに、体液の調整を行う。といった内容であった。

感 想

透析と栄養についてのオンライン研修会、話も聞き取りやすく透析には携わっていない者にも分かりやすかったです。忘れていた知識、新しい知識ともに得ることができました。透析期の栄養管理の重要性について理解できました。透析にならないようCKD患者さんの栄養指導にも活かせます。今度は、運動療法と栄養についての講演がきけたら幸いです。

医療事業部(千葉地区研修会/油脂栄養)終了報告

開催趣旨・目的 「低栄養やリハビリの場面での栄養改善ために油脂類を上手に活用する②」として最新情報も含めて昨年に引き続き学習する。栄養の指導に活かし、県民の健康増進に寄与する栄養士・管理栄養士を育成する。
日時

11月25日(金)18:00~19:00
Zoomによる配信

テーマ 「油脂栄養について」
   講師:(株)日清オイリオグループ東京支店
         ウェルネス課  大貫 朋美 氏
参加資格 この研修に興味のある栄養士・管理栄養士
参加費 無料(会員) 
 

申し込み締切:11月19日(土)
詳細については下記別紙をご参照ください。

地区研修会のお知らせ(2022.11)のサムネイル

事業名 医療事業部(千葉地区研修会/油脂栄養)
参加者数 7名
内 容 高齢者の低栄養の栄養改善に油脂類(MCTオイル)を上手に活用することを学ぶ。
感 想 油脂類(MCTオイル)の使用により低栄養状態の改善を示すデータの提示と使用上の注意点など栄養の指導、栄養管理などに活かせる内容でした。

医療事業部(山武長生夷隅/研修会/褥瘡)終了報告

タイトル 医療事業部(山武長生夷隅地区研修会・褥瘡)
開催趣旨・目的 褥瘡の栄養管理に必要な知識やNST活動等のスキルを習得し、県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時 令和4年11月19日(土)14:30~15:00
場 所

オンライン研修(視聴ツール:Webex)
※詳細につきましてはチラシをご確認下さい

内容・講師

演題:褥瘡と栄養管理
講師:株式会社 明治 関東支社
   ウェルネス営業一部 営業五課 駒崎愛実 氏

参加資格

千葉県栄養士会会員の方
【所属地区・事業部問わず参加可能】

参加費 無料
問合せ・申込み

申し込みフォームに必要事項を記入しお申し込みください。
詳細はチラシ【千葉県栄養士会医療事業部山武長生夷隅地区】勉強会チラシのサムネイルをご参照ください。
申し込み締め切り:11月11日(金)まで

終 了 報 告
事 業 名 医療事業部(山武長生夷隅地区研修会)
参加者数 25名
内 容

演題:褥瘡と栄養管理
講師:株式会社 明治 関東支社 
      ウェルネス営業一部 営業五課 駒崎愛実 氏

感 想

 褥瘡の発生原因など基礎的なことから、それを踏まえてのアプローチ方法まで、細やかな資料と解説で、非常にわかりやすくご講演いただきました。
 褥瘡のステージ別の介入を的確に行うことも必要だが、まずは予防が大事との言葉が印象的でした。様々な情報やツールを活用して、褥瘡を予防できるような支援を行っていかなければならないと痛感しました。

医療事業部(東葛北部地区研修会・糖尿病)終了

タイトル

医療事業部(東葛北部地区研修会)
開催趣旨・目的 増えている糖尿病患者に対しての栄養指導や栄養管理について学び、県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時

令和4年11月1日(火)
18:30~19:30

場 所 Zoom配信
内 容

講演1:当院における糖尿病患者の栄養指導の実際
講師:松戸市立総合医療センター 
   栄養管理室副技師長 管理栄養士 長谷川 由美 先生

講演2:糖尿病患者における栄養管理の留意点
講師:松戸市立総合医療センター 
   糖尿病・代謝・内分泌内科部長 田代 淳 先生

参加資格 栄養士・管理栄養士、この研修会に関心のある方
参加費 無料
申し込み先 申し込み・詳細は下記ポスター参照
ポスターのサムネイル

医療事業部(東葛南部地区研修会)終了報告

 

開催趣旨・目的 日頃から災害時を想定した食品ストックを意識し、ローリングストックの方法や使い方の具体例を習得し、県民の災害時対策への意識向上および健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時 令和4年2月17日(木)14:00~14:30
会 場  オンラインによる研修会
内 容

①災害備蓄(食品)とローリングストック
②栄養補助食品の災害対策事例

講師:株式会社明治 関東支社ウェルネス営業一部 営業5課 三輪卓也 氏

参加資格 この研修会に興味のある方【所属地区・事業部問わず参加可能】
参加費 無料
申し込み方法

詳細はチラシをご参照ください。
申し込み締め切り日:2月10日(木)17:00まで

チラシ
チラシ(最終版)のサムネイル

終了報告
事業名 医療事業部(東葛南部地区研修会)
参加者 8名
内 容 災害備蓄(食品)とローリングストック
感 想

コロナ禍において、さまざまな対応で忙しい施設が多い中、研修会まで意識がおよばない状況と思われましたが、少人数ながらも実施することが出来ました。備蓄の重要性の再確認ができた有意義な研修会でした。

医療事業部(第4回プラクティスセミナー)終了

開催趣旨・
目的

日々進化する半固形状流動食を用いた経腸栄養管理について理解を深めると共に、急性期・慢性期の栄養管理に必要な知識やNST活動等で専門性を発揮するためのスキルを習得し、県民の健康維持・増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日 時

2022年2月27日(日)14:00~16:00(受付 13:30~)
 【You Tube 配信:2022年3月1日(火)~13日(日)】

会 場 千葉市文化センター 9階 会議室ⅡーⅣ
 住所:千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館
内 容

「経腸栄養管理のニューノーマル2021
      ~進化する半固形状流動食を中心に~」(90分) 
 講師:医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長 水野英彰 氏

参加資格 栄養士・管理栄養士 この研修会に関心のある方
参加費 無料
定 員 ①研修会:40名(会員35名、非会員5名)
②You Tube配信:150名(会員135名、非会員15名)
申し込み方法

定員に達した時点で締め切らせていただきます。
申し込み締切 ①研修会:2022年2月20日(日)
       ②You Tube配信のみ:2022年2月22日(火)
詳細は下記のチラシをご覧ください。
第4回プラクティスセミナーのサムネイル

お知らせメニュー

年別アーカイブ