公衆衛生事業部(第2回中央研修会)終了報告

開催趣旨・
目的  
栄養の指導においてコミュニケーション能力を高めることで相談者の生活実態に即した指導内容とすることができる。栄養士1人1人が、相談者の生活状況や特徴を理解して栄養指導ができるよう、アサーティブコミュニケーションを学び県民の健康増進に貢献することを目標とする。
日  時 2021年11月7日(日)
午後2時00分から午後4時00分まで
(受付:午後1時30分から1時50分)
※ZOOMミーティングによるWEB開催
内   容 講演 「アサーティブを用いた適切な栄養指導
                ~聴く・感じる・言う~」
講師 ヘルスサポート研究会カナン 代表 新出真理氏
*生涯教育実務研修1単位になります。
*チラシ01 チラシ(公衆衛生事業部2021年度第2回中央研修会)のサムネイル参照
本研修会の資料は会員専用コンテンツに掲載しています。
対象および定員 千葉県栄養士会会員で、上記内容に関心のある栄養士・管理栄養士 100名程度
参加費 無料
参加申込先

02 申込書(公衆衛生事業部2021年度第2回中央研修会)および03 事前アンケート(公衆衛生事業部2021年度第2回中央研修会)に記入の上、下記あてメールにてお申込みください。
千葉県木更津市 健康推進課
担当 子安
メールアドレス k.koyasu@city.kisarazu.lg.jp
電話 0438-23-8379 
申込期限 2021年10月15日(金)17時                

事業名 公衆衛生事業部(第2回研修会)終了報告
参加者数 59名
内 容  栄養指導を効果的に行うためには単に栄養士が知識の伝達や行動変容のみを目的として指導するのではなく、相談者と適切なコミュニケーションをとることで生活状況や特徴を理解し、生活実態に即した指導を行うことが重要である。 
 そのためには、コミュニケーションスキルの一つである「アサーティブ」を用いて、相談者の訴えや知りたがっていることを把握し、その部分に関して掘り下げていくことで効果的な栄養指導となることを学ぶ。
 また、「アサーティブ」は栄養指導の場のみならず、職場やプライベートにおいても円滑な人間関係を築くために有用なコミュニケーションスキルであることを学ぶ。
感 想  アサーティブを用いた適切な栄養指導という表題から、相談者に合わせたより効果的なカウンセリング技法について理解を深める機会となった。人は一度の指導の中で言われたことのうち、継続して実行できる数は1つか2つであるという研究結果が出ていることから、指導者は相談者の話を聞くことを基本姿勢とし、一番興味を持って話を聞いてもらえる部分について探っていき、指導へと繋げていくことが重要であると感じた。
 そのために必要となるコミュニケーションスキルがアサーティブであり、今後の業務にアサーティブを用いてより適切な栄養指導を行っていきたい。

医療事業部(第3回プラクティスセミナー)終了

開催趣旨・目的

医療におけるリスクや安全について理解を深め、適切なリスクマネジメントが行えるよう学ぶとともに病院で働く栄養士・管理栄養士・調理師が日頃の治療食・栄養指導に関する研究を発表、事例や知見を普及し疾病再発防止および病院給食の質向上に役立て、県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。

日 時 2021年11月14日(日)10:00~12:30
(You Tube配信:2021年12月1日(水)~12日(日)
会 場 ①Zoomによるオンライン および ②You Tube期間限定配信
内 容

【第1部】第3回プラクティスセミナー(60分)
    「医療安全と管理栄養士―医療現場に存在するリスクー」
       講師:千葉県立保健医療大学 学長 龍野 一郎 氏

【第2部】研究発表会(70分)

参加資格 この研修会に関心のある栄養士・管理栄養士
参加費 無料
定 員 ①Zoom研修    100名(会員90名、非会員10名)
②You Tube配信 150名(会員135名、非会員15名)
参加申込先

詳細は以下のポスターをご参照ください。
第3回プラセミチラシ電子用のサムネイル
申し込み締切  ①Zoom研修 11月7日(日)
        ②You Tube配信のみ 11月24日(水)
先着順として定員に達した時点で締め切らせていただきます。

福祉事業部(第4回研修会)終了

開催趣旨・目的

生涯にわたり健康で生き生きと暮らすために子どもの頃からの食育が求められています。保育所などで子どもに給食を提供する際には偏食への対応が課題となっています。子どもの好き嫌いの理由と対策、子どもと料理をする際のポイントなどを紹介、県民の健康の維持増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。

日 時

令和3年10月24日(日) 
午後1時30分 ~ 午後3時 (講演60分、質疑応答10~30分予定)

方 法

Zoomを使った配信
・事前にZoomのダウンロード(無料)・インストールをお願いします。
・インターネットの配信となるので、必ずE-mailアドレスが必要です。
・参加コード、資料はメールにて事前に配布します。

内 容

講演:「子どもが好き嫌いする理由と克服のヒント」
講師:キッズ食育トレーナー 玉田 悦子 氏
※日本栄養士会生涯教育振替認定1単位が取得できます。

定 員 95名(非会員10名まで) 定員に達し次第締め切り
参加費 3,000円(千葉県栄養士会会員:無 料)
申込・問合せ

こちら福祉事業部研修会申込書2021.10.24のサムネイル4回研修会申し込みURLとQRコードよりお進み頂き、必要事項を入力して送信してください。
申込受付期間:9月1日(水)~10月17日(日)
問い合わせ、講師への質問は小中台保育所  磯久 まで  
E-mail: marie9867@city.chiba.lg.jp ( 043‐252-0608)

※研修会当日は、栄養士会事務所へ連絡ください。(043-256-1117)

福祉事業部(福祉スキルアップ研修会)申込終了

開催趣旨・目的

これから介護の仕事に携わる予定の方やもう一度最初から学び確認したい方を対象に、介護保険制度のしくみの理解、栄養ケア・マネジメントの基礎をゼロから学んで頂く事を目的として2021年度福祉スキルアップ研修会<Step00>・オンライン~栄養ケア・マネジメントを最初から学ぶ~を開催します。

日 時

1回目 2021年10月13日(水)  申込締切日 2021年10月6日(水)
2回目 2021年11月 5日(金)   申込締切日   2021年10月29日(金)
3回目 2021年12月 1日(水)   申込締切日 2021年11月24日(水)

各日とも13:30~16:30予定(13:00~入室可能、13時20分までにご入室ください)※どの回に申し込みされても同じ内容になりますのでご了承ください。

方 法

Zoomを使った配信
・事前にZoomのダウンロード(無料)・インストールをお願いします。
・インターネットの配信となるので、必ずE-mailアドレスが必要です。
・参加コード、資料はメールにて事前に配布します。

内 容

「介護保険制度のしくみ、栄養スクリーニング・アセスメント・モニタリング・栄養ケア計画書の書き方」
12:30~13:00 受付(Web入室)
13:00~13:05 主催者挨拶・オリエンテーション
13:05~14:35 
「介護保険施設での管理栄養士の役割」

「栄養マネジメント加算の基礎~様式に記入してみましょう①~」
  講師:(公社)日本栄養士会福祉職域事業推進委員会委員 

14:35~14:45 休憩

14:45~16:15 
「栄養マネジメント加算の基礎~様式に記入してみましょう②~」

 講師:(公社)日本栄養士会福祉職域事業推進委員会委員 
16:15       閉会        
※認定:実務 46-104栄養ケアプランの作成2.0(講義)

定 員 30名 定員に達し次第締め切り
参加費 5,000円(千葉県栄養士会会員 無料)
申込・問合せ

こちら福祉事業部スキルアップ研修会申込書2021のサムネイル2021年度スキルアップ必要事項を入力して送信してください。
問い合わせ:e-mail:m.shinohara@seiwaen.com
      特別養護老人ホーム清和園 篠原まで(043-228-3771) 
※研修会当日は、栄養士会事務所へ連絡ください。(043-256-1117)

医療事業部(第2回プラクティスセミナー)終了

開催趣旨・目的

世界人口の4割を占める宗教や信仰による食の国際化・多様性(ベジタリアン・ヴィーガン、ハラール等)について正しい知識・情報を学び、県民の健康増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。

日 時

2021年9月19日(日)10:00~11:30(90分)
(You Tube配信:2021年10月1日(金)~11日(月)

会 場 ①Zoomによるオンライン および ②YouTube期間限定配信
内 容 「楽しく学ぶ!食の国際化、多様性について 
       ~ハラール、ビーガンへの対応をUpdate!~」
 講師:フードダイバーシティ株式会社 代表取締役 守屋 彰浩 氏
参加資格 この研修会に関心のある栄養士・管理栄養士
参加費 無料
定 員 ①Zoom研修  100名 (会員90名、非会員10名)
②YouTube配信 150名(会員135名 非会員15名)
参加申込先

詳細はチラシ第2回プラセミチラシ電子用のサムネイルを参照ください。
定員に達した時点で締め切らせていただきます。

申し込み締切日:①Zoom配信 9月12日(日)
        ②YouTube配信のみ 9月30日(木)

地域活動事業部(第3回研修会)終了報告

開催主旨・目的

子ども食堂は、子どもや親子に食事を提供する場としてはじめ
られ
地域交流の拠点や子どもの貧困対策として全国各地に増え
ている。
その実態について知識を深め県民の健康増進や地
域に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。

日   時

令和3年10月9日(土曜日)                             
受付  13:45分~   
講演  14:00~15:30  

場   所

千葉市文化センター 9階 会議室3
千葉市中央区中央2-5-1千葉中央ツインビル2号館
℡ 043-224-8211(代)

テーマ(タイトル)

「子どもの貧困と子ども食堂の実態について」 
講師 NPO法人全国子ども食堂支援センター・むすびえ
プロジェクトリーダー 森谷 哲氏
本研修会の資料を会員専用コンテンツに掲載しています。

参 加 資 格 食と栄養に 関心のある方並びに栄養士、管理栄養士 
参  加  費 2000円(会員は無料)
申 し 込 み

FAX(043‐256‐1804)でお申し込みください。申込書は下記。
 郵送でも結構です。
(郵送の場合は、申込書の内容に沿って記載し、〒264-0036
千葉市若葉区殿台町122
千葉県栄養士会 地域活動事業部宛
にお送りください。)

資料印刷の都合上、10月4日(月曜日)必着でお願いします。
先着20名 (会場定員50%制限があるため)

そ の 他

日本栄養士会生涯教育実務研修1単位「実務研修 共通T412-105」
*新型コロナウイルス感染防止対策を講じて開催致します。当
日は検温・手指消毒・マスク着用等ご協力の上、体調のすぐれ
ない場合は参加をご遠慮ください。
また、新型コロナウイルス
の感染拡大の状況により開催について変更がある場合はホーム
ページに掲載します。

 

  事 業 報 告
事業名 地域活動事業部 第3回研修会
参加者数 18名
内 容 「子ども食堂」の認知度は高いが、実際に行ったことがある子どもはわずかである。「子ども食堂」は経営母体、開催頻度、開催場所、参加規模は様々だが全国にある。みんなが安心していける場所となるよう環境を整え、社会活動に繋がるように活動している。昨年よりコロナ禍でも工夫を重ねて7割の「子ども食堂」が形を変えても活動を継続している。子ども食堂の様々な事例の紹介があり、いつも誰かがいて、不思議と元気がわいてくる居場所がある幸せを目指している。
感 想 こども食堂は、食支援の一環ととらえていましたが「こども食堂は貧困対策ではなく多世代交流拠点」という講師の言葉が印象的でした。人と人との交わりが疎遠になる中で重要な活動であり、発展して欲しいと思った。参加者の中にはこども食堂に興味のある方や関わりのある方からの質問があり有意義な研修会でした。

研究教育事業部(第1回研修会・スポーツ栄養)終了

開催趣旨目的

 

栄養士・管理栄養士養成施設における教育力の向上と栄養士・管理栄養士養成校に                                                   
通う学生の学びの支援を目的に、今回は、スポーツ栄養を取り上げました。
昨今、スポーツ栄養士を目指す学生が増えているように思います。本年は、オリン
ピック/パラリンピックという一大イベントが開催されています。これを機に、選
手の栄養サポートという専門職に必要なマインドを学ぶとともに、養成校の教育の
立場からスポーツをする人の栄養サポートについて皆で考えたいと思います。

日時

令和3年8月28日(土)13:00~17:00
(12:50~入室可能)

場所

Web開催(Teamsウエビナー)

内容

研修会テーマ:スポーツ栄養を目指すあなたへ
☆特別講演 「スポーツ栄養分野で働くために
                -スポーツ栄養をめざすあなたへのアドバイス-」
早稲田大学スポーツ科学学術院 教授  田口 素子 氏 

☆実践事例紹介
・「ジュニアアスリートへの実践事例と女性アスリートの健康問題の現状」
                                   本 国子  氏  (聖徳大学)
・「年代、競技や環境による栄養サポート内容の違いとそれに必要な知識とスキル」
                           永澤貴昭 氏  (和洋女子大学)
・「プロサッカー選手のシーズンを通した栄養サポート
        〜 プロチームとの契約事例 および 個人との専属契約事例より〜」
                       鈴木いづみ 氏 (とちぎスポーツ医科学センター)

参加資格

千葉県栄養士会会員もしくは、栄養士/管理栄養士養成施設の学生で、上記内容に
関心のある方 定員500名 (他都府県栄養士養成校の学生も歓迎します)

参加費

無料(栄養士免許をお持ちの方で非会員の方は有料となります:1,000円)

申込み
問合せ

申し込みURL
https://teams.microsoft.com/registration/AYb3z74j20en8CumHtFdvQ,A_
6bYX1o4UGwdL5Z6qw43Q,nOcm9u4jsESRHOWFOBL1xA,ih4zjuPfeE6KS3
vaw6pbJg,UAkChEjU4E6Ia0Go-iYNZg,s9kDSVGjtUOz78vKjgLxVw?mode=
read&tenantId=cff78601-23be-47db-a7f0-2ba61ed15dbd

申込締切: 2021年8月20日(金)
問合せ先: 研究教育事業部長 池本真二(聖徳大学人間栄養学部)
          Mail ikemoto@wa.seitoku.ac.jp まで。

その他

(公社)千葉県栄養士会 研究教育委事業部
 Line公式アカウント(登録は、 https://lin.ee/Nbq14nG)

研修会ちらし
スポーツ栄養を目指すあなたへ_広報用②のサムネイル

医療事業部(香取海匝地区研修会)終了

開催趣旨・目的 がん悪液質による低栄養について理解し、栄養改善に栄養補助食品を活用する知識を深め栄養の指導を行い県民の健康の維持増進に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日時

2021年9月16日(木)14:00~15:00

開催方法

Zoomによるオンライン

内容

「がんと栄養 悪液質と栄養補助食品 最近の話題」
講師:株式会社クリニコ 千葉営業所 小松 舞 氏

参加資格 上記内容に関心のある栄養士・管理栄養士
参加費 無料
参加申込先 詳細はチラシ佐原海匝地区研修会両面のサムネイルをご参照ください。
申し込み締切 9月9日(木)17:00

お知らせメニュー

年別アーカイブ