地域活動事業部(第2回研修会CKDを学ぶ)終了報告

開催主旨・目的 新たな国民病とも言われているCKDについて学び、県民の健康増進や地域に貢献する栄養士・管理栄養士を育成する。
日   時

令和4年9月17日(土曜日)                                                
受付(栄養士会事務所で参加の方)    9:30~
講演 (web)               10:00~11:30

場   所

web参加の方 自宅(他) 参加URLは下記申込書に記載
対面参加の方 (公社)千葉県栄養士会事務所

テーマ(タイトル)

「CKDの正しい理解と食事指導について」 (仮題)
講師 東京ベイ・浦安市川医療センター栄養室 小林裕子 先生
資料は会員専用コンテンツに掲載

参 加 資 格 食と栄養に 関心のある方並びに栄養士、管理栄養士 
参  加  費 2000円(会員は無料)
申込方法・申込締切

FAX(043‐256‐1804)でお申し込みください。
郵送でも結構です。(郵送の場合は、申込書2022.9.17第2回研修会申込のサムネイルの内容に沿って記載し、
〒264-0036千葉市若葉区殿台町122 千葉県栄養士会 
地域活動事業部宛 にお送りください。)
9月12日(月曜日)必着でお願いします。

その他

日本栄養士会生涯教育実務研修1単位『実務研修 共通 910-110』
栄養士会事務所にお越しの方は検温・手指消毒・マスク着用等ご協力のうえ、
体調のすぐれない場合は参加をご遠慮ください。

事業名 第2回研修会(CKDを学ぶ)
参加人数 25名
内 容

CKDへの罹患は、男女とも年齢とともに高くなっています。CKDのコントロールが患者の予後につながります。
我が国における透析患者数は毎年1万人ずつ増加傾向にあり、現在34万人。日本人の400人に1人の割合です。1人当たりの年間の透析医療費は500万円。30万人で1兆5千億円。毎年500億円ずつ増加し続けています。国としては「2028年までに新規透析導入患者を35,000人以下に減少させる。」「CKD診療体制の構築によるCKD重症化予防を徹底する」ことに取り組みます。また県では千葉県糖尿病性腎症重症化予防プログラム+CKD重症化予防事業があり、いずれもホームページで見ることができます。
食事療法として①エネルギーは肥満患者の適正エネルギーの設定、②たんぱく質はステージ別の量・制限の工夫、③塩分は工夫の仕方、④水分はステージ別摂取量、⑤カリウムは多い食品の対応の仕方、⑥リンは制限のポイントの説明がありました。さらに嚥下障害・独居・働き盛り・小児に対しての管理の方法の紹介がありました。最後に患者さんへのかかわり方を、ご自分の経験を通してお話してくださいました。

感 想

透析は医療費だけでなく、日常生活や就労に大きな影響を与えていて、健康診断等でメタボリックシンドロームの診断があった場合は早めの受診、対策が重要であることを学びました。また、患者さんへのかかわり方のお話から、普段の生活に生かされることばの選び方を学ぶことができました。

お知らせメニュー

年別アーカイブ